セルフの美容脱毛をキレイにするコツ

セルフで毛抜きを使った美容脱毛をする時には、キレイに仕上げるために、いきなり毛抜きで抜き始めないほうがいいです。肌の状態は日頃のケアの賜物ではありますが、顔みたいにスキンケアをしないボディは、乾きやすい状態です。乾いた大地を思い起こした時に、そこに生えている草をぬこうとしても、簡単には引き抜くことはできません。

でも雨が降って大地の土が濡れていれば、草も簡単に抜きやすくなります。


ムダ毛の毛抜きでの処理は、それと似たような部分があります。

毛抜きで脱毛をする前には、肌には潤いを与えましょう。

潤いといっても、ホットタオルなどで肌を温める行為で構いません。

ホットタオルを当てて毛抜きの脱毛をすると、毛穴が開いていますので、ムダ毛を引き抜きやすくなります。普段から美容のために、毛抜きでの処理をしたいなら、毎日のボディのスキンケアをしておくといいでしょう。
そのほうが、毛抜きでムダ毛を引き抜きやすくなります。



アフターケアは美容ケアではありますが、まずは殺菌を重点的にしましょう。

毛抜きは毛穴が開くために、そこから雑菌が侵入をします。

どんどん雑菌が入ると、肌は赤く腫れますし、そのうちに黒ずみがおこることもあります。



だからまずは、殺菌の効果がある化粧品を使いましょう。

毛抜きでのアフターケアは、保湿よりも殺菌です。
防腐剤を使用していないタイプの化粧品を使用して、ケアアイテムは殺菌力がある用品をチョイスして使うことです。